宮崎市の引越・配送、お墓掃除の赤帽あおき運送/JBクリーン

080-3224-6592

赤帽あおき運送

突然、刑事から電話が

新潟市で小2の女児が殺害され、近所に住む23歳の男が逮捕されましたが、何故?幼い命を奪わんといかんのでしょうか。

殺害された女児の親のことを考えると、いたたまれんですね。


さて、ずーっと昔にさかのぼって、私が東京にいた時のお話しです。

学生時代から住んでいた東京都三鷹市にある学生アパート。

社会人になってもそこから通勤していました。

すると、近くで強姦殺人事件がありました。犠牲者は早稲田大学院生の婚約者である女性(当時看護婦)です。

その事件から半年後、会社の寮に入ることになり、三鷹市の学生アパートから引越しをしました。

引越しをしてから1ヶ月後、勤め先の会社に警視庁から一本の電話があり、

「警視庁ですが、ちょっとお話しを聞きたいことがありますので、よろしいですか。」

「はい、いいですよ。今度の日曜日に。」

「何の話しやろう。最近悪いことをした覚えはないけどね?」

と思いつつ、日曜日に私が住んでいる寮に、2人の刑事が来ました。

「近くの喫茶店で話しを聞きましょうか」

「いえ、あなたの部屋で話しを聞きたいのですが」

私への事情聴取は、先程の強姦殺人事件である。

事件発生半年後に移転したので、怪しいと思ったんでしょうか。

私の部屋で2人の刑事から質問責め。

1人が質問すると、もう1人は部屋をあちこち見回す。

そんなことを交互に繰り返す。

例えば、「いい靴ですね。」

と言って靴に触ったり。

あまりいい気持ちはせんでした。

最後に指紋まで取らされましたね。

てもこういった地道な警察の聞き込みが

事件解決につながるんでしょう。



事件はその後解決したかは分かりませんが。

まあ〜、犯人は私でないことは確かだけど。

私たち赤帽は市内をぐるぐる走り回っていますので、危険から幼い命を守るため、目を光らせたいですね。

このおっちゃんたちが「危険から幼い命を守る」かも?頼りないけど。


「幼い命」を守る赤帽隊
引越し
不用品引取り
単品配送
緊急配送
遺品整理
仏壇の閉眼供養と引取り
墓掃除



「赤帽あおき」でした。

2018年05月15日

ページの先頭へ

削除
突然、刑事から電話が
    コメント(0)